両親や自分のメンタルの弱さから、見えない意識の世界、スピリチュアルなものに強く惹かれ、漠然とスピリチュアルを活かしたカウンセラーやメンタルセラピーを自分の職業としたいという思いがありましたが、霊感の「れ」の字もない私には無理だと思っていました。
そんなある日、チャネリングは「理論があり、誰にでもできる」とKanameの海山さんから聞き、「もしかしたら自分のなりたい夢が叶えられるかも。これは何かの導きに違いない」とチャネリング講座の受講を決意しました。

Kanameの講座は、まず理論を習い、そこから実践をしていきます。
習ってみると、私たちは普段から無意識にチャネリングしているのだと気づかされます。
意識のチャンネルを「意識して」対象物に合わせるだけでこんなに簡単にできるものなのだと驚きました。
初級、中級はチャネリングの実践ですが、プロ編になると内容がガラっと変わり、自分を見つめる作業となります。
自分の修正すべき部分をまざまざと見せられるのでずーん、と落ち込んでしまうこともしばしば・・・。
しかしプロ講座を終えた後は、何かひと皮剥けた爽快感を感じました。
Kanameのチャネリングプロ講座がちまたで「ブレイクスルー講座」と噂されるのも納得です。

生活のツールとしてガイドやハイヤーセルフに聞いてみるというチャネリングを使うのもオススメです。
しかしチャネリングを習う醍醐味は仕組みを知ることで「なぜ自分がこうなのか?」「なぜ同じパターンを繰り返すのか?」ということが少しずつ分かるようになることです。
今までどこかにいっていた自分というパズルのピースが1つ1つはまっていくような感覚です。
「自分を見つめ直す」ツールとしてチャネリングを習えたことはとてもよかったと思います。